どうやって稼ぐのか?

1日1.5万円以上稼ぐには、港区六本木周辺か、渋谷周辺に行くしかありません。基本的に富裕層に需要がありますので、注文が多くなり、依頼が続きます。


稼ぎ重視ではなく、気楽重視なら、配達エリアである自宅で待機するのが楽です。(港区か渋谷駅前に自宅があれば最強ですが)しかしやっていると意外に家に帰るのが面倒くさくなることも事実です。

自転車で稼ぐかバイクで稼ぐか?
普通に考えてお店からお客様までの距離が長いほど稼げるのだから、バイクのほうが稼げると思うのですが、自転車も稼げます。
なぜなら、クエストという回数でお金が貰える別報酬があるからです。
例えば、
「10:30-14:59に
4~7回配達を完了すると400円、
8~11回配達を完了すると1000円、
12回以上配達を完了すると2000円、
17:30-21:59に
4~7回配達を完了すると500円、
8~11回配達を完了すると1500円、
12回以上配達を完了すると3000円」
などです。自転車のほうが短い距離が多いので、回数を稼げ、クエストをクリアしやすくなります。

都心まで自転車や電動アシスト自転車で行くのが困難な場合、
東京自転車シェアリングを使うとよいです。
uberのほうで特別料金もありますので、本登録時に相談するとよいでしょう。ただし、電動アシストのバッテリーが減ってきたら新しい自転車を探さなければならないデメリットもあります。
高速走行を目的に設計されたロードバイクを使う方法もありますが、電動アシストがなければ上り坂は体力を使います。

バイクももちろん負けてはいません。距離が長い依頼が来ますので、そちらでも楽に稼げます。(稀に1配達2000円超えも!)疲れないのがメリットです。雨の日でも屋根付きバイクを買ったり、レンタルすれば、他の配達員がいないので、かなり稼げます。
バイクレンタルもuberのほうで特別料金があるので、本登録時に相談してみましょう。

自転車は短い距離でも回数で稼ぎ、ジムのエアロバイクのように体が鍛えられ、バイクは長い距離で座って楽に稼ぎます。
過去にバイクのほうが稼げたり、自転車のほうが稼げたりとMMOのような変化もありました。
配達員が少なくなる雨の日のほうが稼げたり、バイクが稼げると評判だったら自転車が稼げるようになったりするのは、投資の格言「人の行く裏に道あり花の山」のようです。